コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イタリカ(英語表記)Italica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イタリカ
Italica

前 206年スキピオ・アフリカヌス (大スキピオ) によってルシタニア人にそなえる拠点として建設された古代ローマの都市。セビリアの北西郊外に位置し,現スペインのサンチポンス。トラヤヌスハドリアヌステオドシウス1世ら3皇帝の生誕地として知られ,大円形劇場の遺跡がその繁栄を証明している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イタリカ【Italica】

スペイン南部のセビリャ市の北西にある古代都市。現在名はサンティポンセSantiponce。第2次ポエニ戦争(別称ハンニバル戦争)の過程で,カルタゴ軍をイリパの戦(前206)で大破したローマ軍の司令官大スキピオが,負傷した部下を住まわせるために創設した。これによってローマ軍は今日のアンダルシア南部を制圧し,まもなくカルタゴ人最後の拠点ガディル(現,カディス)を下した。前1世紀後半,皇帝アウグストゥスの時代にバエティス川(現,グアダルキビル川)の対岸にヒスパリス(現,セビリャ)が建てられると,イタリカはこれと繁栄を競う形となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報