イチャン-カラ(読み)イチャンカラ

世界遺産詳解の解説

イチャンカラ【イチャン-カラ】

1990年に登録されたウズベキスタンの世界遺産(文化遺産)で、首都タシケント西方のヒヴァにある。ヒヴァはカラクム砂漠への出入り口にあたるオアシスの町で、17世紀にはヒヴァ・ハン国の都として繁栄した。外敵の侵入を防ぐために建造された2重の城壁が今も残されていて、外側の城壁(全長6km)が「ディシャン・カラ」、内側の城壁(全長2.1km)とその内部が「イチャン・カラ」と呼ばれる。ここには宮殿やモスクなどの歴史的建造物や古い民家が数多く立ち並んでいる。その美しい景観と歴史的な価値が評価されて、世界遺産に登録された。◇英名はItchan Kala

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android