イドリーシーの世界図(読み)イドリーシーのせかいず(英語表記)Idrisi's world map

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イドリーシーの世界図
イドリーシーのせかいず
Idrisi's world map

中世におけるイスラム地理学の発達に伴って,イドリーシーが 1154年作成した世界地図で,『ロジェールの書』の付図。地図の方位は南を上にしてあり,陸地の形,山脈,河川の配列はプトレマイオスの世界地図によっているが,アジアについてはイスラム地理学の知識が取入れられ,新たにアラル海が描かれ,インド洋は外海につながる海として描かれている。マレー半島,セイロン,スマトラ,シナの先にはシラ (新羅=朝鮮半島) ,ワクワク (倭国=日本) を記載。日本が載った最初のヨーロッパの地図といわれる。しかし,この地図は 1592年ローマで印刷されるまで未公開で,近世初頭のヨーロッパでつくられた世界図へ直接の影響はなかった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android