コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イナモリソウ Pseudopyxis depressa Miq.

2件 の用語解説(イナモリソウの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

イナモリソウ【Pseudopyxis depressa Miq.】

山地の木陰に生えるアカネ科の軟らかい多年草イラスト)。名前は,江戸時代名古屋の花屋が伊勢菰野(こもの)の稲森山に多産するこの植物をとり,イナモリソウと名付けたことによるという。細い地下茎が地中をはい,地上茎は高さ1.5~10cm。葉は卵形で1~3対あり,茎の先に集まって4枚が輪生しているようにみえることもある。花は葉腋(ようえき)または茎の先につき5数性,5~6月に咲く。花冠は筒状漏斗形で長さ2~2.5cm,淡紫色で美しい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イナモリソウ
いなもりそう / 稲森草
[学]Pseudopyxis depressa Miq.

アカネ科の柔らかい多年草。地下茎は細く、地中をはい、地上茎は高さ1.5~10センチメートル。花は5~6月に開き、白または淡紫紅色で美しい。子房は5室、各室に1個の胚珠(はいしゅ)が各室の基部から上向きにつく。果実は乾果で、5個の核をもつ。関東地方以西の本州、四国、九州の山地の木陰に生える。名は、江戸時代に名古屋の花屋が三重県稲森山からとり、イナモリソウと名づけて売り出したことによるという。イナモリソウ属は日本特産の属で、胎座型や果実など特異な形態をもち、属の類縁はまだよくわかっていない。ほかにシロバナイナモリソウP. heterophylla (Miq.) Maxim.が関東から近畿地方に分布する。花は小さく白色で、7~8月に開く。[福岡誠行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イナモリソウの関連キーワード秋桐瓜の木沢瑠璃草秋分草白糸草谷桔梗縮笹扇蔓車葉草操の木

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone