コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イナモリソウ Pseudopyxis depressa Miq.

世界大百科事典 第2版の解説

イナモリソウ【Pseudopyxis depressa Miq.】

山地の木陰に生えるアカネ科の軟らかい多年草(イラスト)。名前は,江戸時代に名古屋の花屋が伊勢菰野(こもの)の稲森山に多産するこの植物をとり,イナモリソウと名付けたことによるという。細い地下茎が地中をはい,地上茎は高さ1.5~10cm。葉は卵形で1~3対あり,茎の先に集まって4枚が輪生しているようにみえることもある。花は葉腋(ようえき)または茎の先につき5数性,5~6月に咲く。花冠は筒状漏斗形で長さ2~2.5cm,淡紫色で美しい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イナモリソウ
いなもりそう / 稲森草
[学]Pseudopyxis depressa Miq.

アカネ科の柔らかい多年草。地下茎は細く、地中をはい、地上茎は高さ1.5~10センチメートル。花は5~6月に開き、白または淡紫紅色で美しい。子房は5室、各室に1個の胚珠(はいしゅ)が各室の基部から上向きにつく。果実は乾果で、5個の核をもつ。関東地方以西の本州、四国、九州の山地の木陰に生える。名は、江戸時代に名古屋の花屋が三重県稲森山からとり、イナモリソウと名づけて売り出したことによるという。イナモリソウ属は日本特産の属で、胎座型や果実など特異な形態をもち、属の類縁はまだよくわかっていない。ほかにシロバナイナモリソウP. heterophylla (Miq.) Maxim.が関東から近畿地方に分布する。花は小さく白色で、7~8月に開く。[福岡誠行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

イナモリソウの関連キーワードサツマイナモリ(薩摩稲森)リュウキュウイナモリソウシロバナイナモリソウサツマイナモリ山地