コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イブン・トゥールーン・モスク イブン・トゥールーン・モスク Mosque of Aḥmad ibn Ṭūlūn

1件 の用語解説(イブン・トゥールーン・モスクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イブン・トゥールーン・モスク
イブン・トゥールーン・モスク
Mosque of Aḥmad ibn Ṭūlūn

876年,トゥールーン朝トルコ人支配者イブン・トゥールーンが,エジプトカイロ東南部のアルカタイに建てた大モスクモスク自体の大きさは横幅 116m,奥行 140mでキブラ側を除く三方に外庭があり外壁をめぐらす。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のイブン・トゥールーン・モスクの言及

【カイロ】より

…【三木 亘】
[美術,建築]
 カイロには,イスラム建築の様式的変遷をたどるに十分な遺構がよく保存されている。まず第1に,メソポタミア様式のオリジナルな性格をよく保っているイブン・トゥールーン・モスクMasjid Ibn Ṭūlūn(879),次いでモニュメンタルなファサードなどを特色とするファーティマ朝のアズハル(970‐972),ハーキム(990‐991),アクマル(1125)の各モスク,また今日もなおその威容を伝えている市城門ナスル門Bāb al‐Naṣrとフトゥーフ門Bāb al‐Futūḥ(1087‐92)などが挙げられる。アイユーブ朝の遺構としては,サラーフ・アッディーンがビザンティンの築城技術を取り入れて築いた城砦(カルア。…

【トゥールーン朝】より

…トゥールーン朝の基礎は,トルコ系,黒人,ギリシア人などの奴隷軍人からなる強力な軍隊と,豊かなエジプトの経済であった。とくに,国庫収入はバグダードに吸い上げられることがなくなり,いっそう増大し,現存するカイロ最古のモスク建築であるイブン・トゥールーン・モスクMasjid Ibn Ṭūlūnを建設,シリアにも勢力を伸ばしたが,安定的支配を確立することはできなかった。2代目のフマーラワイフKhumārawayh(在位884‐896)時代には,貢納と引換えにシリアからアナトリア東部にわたる地域の支配権もアッバース朝カリフに認めさせ,最盛期を迎えたが,浪費による財政の窮乏とカルマト派の出現による国内の混乱のために,バグダードのアッバース朝権力が再びその支配を回復した。…

※「イブン・トゥールーン・モスク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イブン・トゥールーン・モスクの関連キーワードトゥールーン朝ツグルク朝イブントゥルーンモスクバトゥール湖トゥールーズ・キャピトル劇場管弦楽団トゥールーズ・キャピトル国立管弦楽団ガズナ朝アフマド・ブン・トゥールーンサトゥク・ボグラ・ハーントルクメン族

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone