イブン・ハイヤーン(英語表記)Ibn Hayyān

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イブン・ハイヤーン
Ibn Hayyān

[生]987/988. コルドバ
[没]1076.10.
スペインの後ウマイヤ朝時代の歴史家。経歴は不詳。彼以前の歴史家のアンダルシアに関する記述を集大成して,『ムクタビス』 Muqtabisを著わしたが,これはアンダルシア史に関する最も重要な資料である。また彼自身の歴史叙述である『マティーン』 al-Matīnは,原本の大部分は失われたが,後人の引用によってその大要が知られ,後ウマイヤ朝時代の政治に関する詳しい情報を提供している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のイブン・ハイヤーンの言及

【アンダルス】より

…文献学としてはカーリーal‐Qālī(901‐967)の《アマーリー》が著名である。歴史書としてはイブン・アルクーティーヤの《アンダルス征服史》,イブン・ハイヤーンIbn Ḥayyān(987∥988‐1076)の《アンダルス名士列伝》,イブン・アルハティーブの《グラナダ史》などが挙げられる。イブン・ハルドゥーンの《歴史序説》《イバルの書》は,アンダルスのみならず,イスラム世界の文化水準を示す好個の作品である。…

※「イブン・ハイヤーン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android