コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イラク憲法案の承認と国民議会選挙 いらくけんぽうあんのしょうにんとこくみんぎかいせんきょ

1件 の用語解説(イラク憲法案の承認と国民議会選挙の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

イラク憲法案の承認と国民議会選挙

2005年10月15日、イラクの憲法案の承認を問う国民投票が厳重な警戒の下で実施された。大きな混乱はなかった。同年1月の暫定議会の選挙よりは中部のスンニ派の投票率が高かった。この結果、全体の投票率は64%、賛成票は79%であった。スンニ派の投票率が上昇した背景には、投票日の直前に各派間で、新政府発足後に憲法を見直すと合意したことがあった。これを受けてスンニ派の一部が賛成に回り、憲法案が承認された。この憲法に基づいた国民議会選挙が05年12月15日に実施された。投票率は約70%で、シーア派の統一イラク連合が第1党となったが過半数には及ばなかった。

(高橋和夫 放送大学助教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イラク憲法案の承認と国民議会選挙の関連キーワード私擬憲法不文憲法いらくらイランイラク戦争イラクボディーカウント老いらくの恋閣法新生イラクの選挙樋口陽一国立大学法人法案

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone