コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イワショウブ いわしょうぶ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イワショウブ
いわしょうぶ / 岩菖蒲
[学]Tofieldia japonica Miq.

ユリ科の多年草。葉は左右2列に密に互生し、剣状で長さ10~40センチメートル、幅4~8ミリメートル。7~8月、葉間から高さ20~40センチメートルの直立した花茎を出す。茎の上部と花序には腺(せん)状突起が密生し、ねばねばする。総状花序は長さ2~7センチメートル、白色で径約7ミリメートルの花を多数つける。雄しべは6本、葯(やく)は黒紫色を帯びる。(さくか)は楕円(だえん)形、長さ約1センチメートル。種子は小さく、その一端に細長く、曲がった付属部がある。本州中北部の山地、高山の湿原内に生育する。北アメリカ東部のT. glutinosa (Michx.) Pers.に類似する。[河野昭一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のイワショウブの言及

【チシマゼキショウ】より

…日本には5種ある。イワショウブT.japonica Miq.は亜高山,高山の雪田群落や湿原に多く,白色の花穂が美しいのでしばしば栽培される。ハナゼキショウT.nuda Maxim.(一名イワゼキショウ)は関東以西の太平洋岸の山地の湿った岩上に生育し,中部地方では風邪薬として用いられる。…

※「イワショウブ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android