イワン6世(読み)イワンろくせい(英語表記)Ivan VI Antonovich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イワン6世
イワンろくせい
Ivan VI Antonovich

[生]1740.8.23. ペテルブルグ
[没]1764.7.16. シリッセリブルグ
ロシア皇帝 (在位 1740~41) 。ピョートル1世 (大帝) の異母兄イワン5世の曾孫。女帝アンナ・イワーノブナの死後,彼女の生前の指名に基づいて,生後3ヵ月で即位。摂政はクールラント公 E.ビロン。当時ロシアの宮廷は,アンナがクールラントから連れてきたバルト・ドイツ人貴族が文武の要職を独占する「ビロン体制」一色におおわれていた。即位まもなく,ビロンは軍政を掌握していた B.ミュニヒとの権力争いに倒れ,これを機にドイツ人の支配に対するロシア人貴族の不満は次第にピョートル1世の後妻エカテリーナの娘エリザベータ・ペトローブナへの期待となり,1741年 11月 25日の夜,プレオブラジェンスキー近衛連隊のクーデターによって,幼帝は母親一族とともに逮捕,幽閉された。この宮廷革命によってドイツ人支配時代は終りを告げ,エリザベータの親政時代に入った。幼帝は牢獄で成人するが,64年復位の陰謀が廷臣の間に持上がったとき,エカテリーナ2世 (大帝) の命で暗殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

イワン6世

生年月日:1740年8月13日
ロシア皇帝(在位1740〜41)
1764年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android