コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インジウム・アンチモン インジウム・アンチモンindium antimonide

1件 の用語解説(インジウム・アンチモンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インジウム・アンチモン
インジウム・アンチモン
indium antimonide

III族元素インジウム InとV族元素アンチモン Sbとの化合物で,閃亜鉛鉱型の結晶構造をもつ。化学記号は InSb。やや黄色を帯びた灰色の結晶。電子の移動度が室温で 8万cm2/V・s と非常に高いため,ホール素子やこれを用いた無接点スイッチ用材料として用いられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

インジウム・アンチモンの関連キーワードAMD-K6-IIIアンギオテンシンTruePicグライ土ILS計器着陸装置アレルギー化合物半導体化合物半導体紺青

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

インジウム・アンチモンの関連情報