インターハンデル事件(読み)インターハンデルじけん(英語表記)Interhandel Case

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インターハンデル事件
インターハンデルじけん
Interhandel Case

1942年,アメリカは対敵通商法に基づきスイスのインターハンデル社の資産接収を行なったが,この接収資産返還をめぐってスイスとアメリカが国際司法裁判所で争った事件をいう。裁判所は 1959年3月,アメリカの4つの先決的抗弁のうち,国内的救済を尽していないとの抗弁を認める判決を行い,本案の審理を行わなかった。本件は国内的救済原則を裁判所が厳格に解した判例として,国際法上重要である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android