コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行い〔行ない〕 オコナイ

デジタル大辞泉の解説

おこない〔おこなひ〕【行い〔行ない〕】

物事をすること。振る舞い。行為。行動。
「万が一君にどんな間違った―があったとしても」〈里見弴多情仏心
日常の生活態度。身持ち。品行。行状。「行いを慎む」「平素の行いが物を言う」
仏道の修行。また、勤行(ごんぎょう)。
「阿闍梨(あざり)などにもなるべきものにこそあなれ。―の労は積もりて」〈若紫
近畿地方を中心に、年頭または春先に行われる祈祷(きとう)行事。主に寺堂などで行われるが、元来は農事祈願の神事。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

行い〔行ない〕の関連キーワード人のふり見て我がふり直せ防府海軍通信学校挙措を失う三段跳び末法思想宮中祭祀金銭出資因果応報乱暴狼藉前言往行分岐処理二つの道阿闍梨口悪説身持ち無駄事現行犯仮通夜悖乱素行

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android