行い〔行ない〕(読み)オコナイ

デジタル大辞泉の解説

おこない〔おこなひ〕【行い〔行ない〕】

物事をすること。振る舞い。行為。行動。
「万が一君にどんな間違った―があったとしても」〈里見弴多情仏心
日常の生活態度。身持ち。品行。行状。「行いを慎む」「平素の行いが物を言う」
仏道の修行。また、勤行(ごんぎょう)。
「阿闍梨(あざり)などにもなるべきものにこそあなれ。―の労は積もりて」〈若紫
近畿地方を中心に、年頭または春先に行われる祈祷(きとう)行事。主に寺堂などで行われるが、元来は農事祈願の神事。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android