インタープリター言語(読み)インタープリターげんご

IT用語がわかる辞典「インタープリター言語」の解説

インタープリターげんご【インタープリター言語】

コンピュータープログラミング言語の種類のひとつ。人間に理解しやすい記法や構文で記述された高級言語で、インタープリターと呼ばれる翻訳プログラムにより、ソースコードオブジェクトコード機械語)に逐次変換しながら実行する。◇コンパイラーと呼ばれる翻訳プログラムで一括変換して実行されるものを「コンパイラー言語」という。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉「インタープリター言語」の解説

インタープリター‐げんご【インタープリター言語】

interpretive language》コンピューターのプログラミング言語のうち、人間の言葉に近い表現で記述したプログラムを、コンピューター用の機械語に逐次翻訳して実行するものの総称BASICJavaScriptLISPなどがある。インタープリター型言語

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android