インダス[川](読み)インダス

百科事典マイペディアの解説

インダス[川]【インダス】

インド亜大陸三大河川の一つ。チベット西部のヒマラヤ山脈中に発し,北西に流れ,カシミールに入り,ギルギット付近で南西に転じ,パキスタンを縦走南下してカラチ南東でアラビア海に流入。おもな支流はジェラム,チェナーブ,ラビ,サトレジ,ビアス。全長3180km。流域面積約117万km2。河口から約200km上流のハイデラバードまで小汽船で航行可能。1960年インダス水利条約でインド・パキスタン両国の水利紛争が解決した。流域は古来,灌漑(かんがい)農業が発達し,インダス文明の発祥地。
→関連項目サトレジ[川]獅泉河中華人民共和国

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

インダス[川]【Indus】

インド亜大陸北西部の大河。チベット高原南西部のカイラス山脈に発し,北西流してカシミール地方を横断したのち,大ヒマラヤ山脈北西端で南西へと転じ,先行性の深い横谷をなしてからパキスタンの北西辺境地方に流下する。さらにパンジャーブ地方にはいり,同地方の語源にあたる五つの川(西よりジェラム,チェナーブ,ラビ,サトレジ,ビアス)を合わせたパンジナードPanjnād川を加える。同川を合流させてのちは,シンド(サンスクリットインダスにあたるシンドゥに由来)地方のタール砂漠西辺を流れるため,流入する涵養河川もなくカラチ南東方でアラビア海にはいる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のインダス[川]の言及

【治水】より

…【米田 賢次郎】
【南アジア】
 南アジアは典型的なモンスーン気候に属し,6~7月の南西モンスーンの到来とともに雨季にはいり,河川も増水していく。古代インダス文明も雨季のインダス川の増水と氾濫を利用した溢流灌漑に農業的基礎をおいていた。秋口になって洪水がひくとともにコムギを播種した点は,エジプトやメソポタミアの古代文明の場合と類似する。…

※「インダス[川]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android