コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インド・イラン語派 インドイランごは

2件 の用語解説(インド・イラン語派の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

インド・イラン語派【インドイランごは】

インド・アーリヤ語派,またはアーリヤ語族とも。インド・ヨーロッパ語族に属するインド語派イラン語派をあわせた名称。前者のベーダ語と後者のアベスター語担い手たちはともにアーリヤ人と自称し,言語的にも酷似しているので,もとは同一の言語だったことは確実である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

インド・イラン語派
いんどいらんごは

インド・ヨーロッパ語族のなかの一語派で、アーリア諸語、イラン諸語、ヌーリスターン諸語Nristn(カーフィル諸語Kfir)の3語群からなっている。イラン諸語のうち古代イラン語としてあげられるものに、ゾロアスター教の聖典アベスタに用いられたアベスタ語と、アケメネス王朝の楔形(くさびがた)文字の碑文に用いられた古代ペルシア語Old Persianなどがある。アベスタ聖典の詩頌(ししょう)(ガーター)の部分は、創唱者ツァラトゥストラ(ゾロアスター)Zaraθutra自身のことばを記したもので紀元前6世紀ごろまでさかのぼり、古代ペルシア語も前520年ごろまでさかのぼりうると推定される。また、一部の学者が主張するように、中東地域で発見された楔形文字の文献もインド・イラン語派系統の言語で書かれているとするならば、この語派の歴史は前14世紀までさかのぼることとなる。
 中期イラン語としては、前300年より後950年にわたって使用された碑文中世ペルシア語Middle Persian、パフラビー語Pahlav、マニ教典に用いられた中期ペルシア語の南西イラン・グループをはじめ、後1世紀より3世紀までの文献に現れるパルト語Parthianと、東部イラン・グループを形成するコーラスム語Khwrezmian(12世紀)、ソグド語Sogdian(4世紀)、シャカ(サカ)ないしコタン語aka, Khotanese(7世紀)、スキト・サルマト語Scytho-Sarmatian(2世紀)、バクトロ語Bactrian(2世紀)などがある。とくに東部グループは、ウズベキスタンUzbekistanからタクリマカン砂漠の南ルートを通り、中国領内のトルキスタン地方に至る中央アジア地域に、広く分布していたと考えられる。
 現代イラン語としては、政治的、文化的にもっとも重要な地位を占めるものに現代ペルシア語Modern Persian,(Frs)がある。これは、中世ペルシア語の一方言が発達して共通語(コイネー)となったものに、パルト語や他の方言の要素が加わって成立した言語であるが、現在イランの国語として、またアフガニスタンの第二公用語として用いられている(使用人口約3000万人)。なお、11世紀から12世紀にかけペルシア語を話すトルコ人やアフガン人の多数のイスラム教徒がインドに移住した結果、13世紀ごろペルシア語はインド領内イスラム州の公用語となり、単にイスラム教徒のみならずヒンドゥー教徒知識階級の文化共通語ともなっている。さらに、タジク語Tdzhik(使用人口約200万人)は、タジキスタンTdzhikistnの公用語であると同時に、パミール高原に住む人々の共通語としての役割を果たし、クルド語Kurdish(使用人口約1000万人)は、イラン、イラク、トルコ、シリア、ロシア領内にわたって分布するクルド人の共通語となっている。
 このほかの有力言語としては、アフガニスタンの国語であり、かつパキスタン北西辺境州の共通語でもあるパシュトー語Pat(使用人口約1800万人)と、イランやパキスタンにまたがるバルーチスターン地方をはじめ、中央アジアやアフリカにまで広範囲にわたって分布するバルーチ語Balc(使用人口約200万人)、ワジリスターンWaziristnの住民が話すオールムリー語rmur(バルギスタ語Bargist)、スキト語から発達したオッセト語Osseticとヤグノービー語Yaghnb、サカ語から発達し、パミール高原一帯に分布するガルチャ諸語Ghalchaなどがある。
 ヌーリスターン諸語に属するものとしてはアシュクン語Akun、ワイガリー語Waigal、カティ語Kati、ナンガラーミー語Nangalm、ガンビーリー語Gambr、ワシ・ウェリ語Wasiweriなどがあり、アフガニスタンとパキスタンの一部にまたがる、いわゆるカーフィリスターンKfiristn地域に分布し、アーリア諸語のダルド・グループとやや近い関係にある。なお、アーリア諸語については、「インド諸言語」および「インド・アーリア系諸語」の項を参照されたい。[奈良 毅]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のインド・イラン語派の言及

【イラン語派】より

…インド・ヨーロッパ語族の一語派で,その最古層ではインド語派にきわめて近く,インド・イラン語派Indo‐Iranianとして未分化の一時期をもったことを想定させる。独立の語派としての歴史は,古代イラン語,中期イラン語,近代イラン語の3期に分けられる。…

※「インド・イラン語派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

インド・イラン語派の関連キーワードアーリア人アーリントン語派パーリ語インド語派アーリーアーリントン墓地インドアーリア語インドアーリアンヒーリングアート

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone