インドール酢酸(読み)インドールさくさん(英語表記)indoleacetic acid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インドール酢酸
インドールさくさん
indoleacetic acid

インドリル-3-酢酸ともいい,IAAと略記する (分子式 C10H9NO2 ) 。植物の生長促進作用のあるオーキシン類の代表的物質。細胞研究の初期に異なる物質がオーキシンと呼ばれたので,IAAはヘテロオーキシンとも呼ばれた。切り枝の発接木 (つぎき) の活着などに利用される。検定にはエンバク Avena sativaの子葉鞘を暗中で屈曲させるアベナテスト Avena testを用いる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

インドール‐さくさん【インドール酢酸】

〘名〙 植物ホルモンの一つ。高等植物に広く含まれるほか、細菌類、酵母、苔類、藻類に分布する。特に根、芽の先端の細胞に作用して生長を促進する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報