コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インノケンティウス[11世] Innocentius XI

世界大百科事典 第2版の解説

インノケンティウス[11世]【Innocentius XI】

1611‐89
ローマ教皇。在位1676‐89年。ルイ14世およびボシュエの指導するフランス・ガリカニスムに終始反対した。一方,敬虔な人柄でプロテスタント弾圧を意味する〈ナントの王令廃止〉(1685)やイギリス王ジェームズ2世の強引なカトリック復興を示す〈信教自由令〉(1687)をも否認し,また道徳神学の弛緩主義65命題(1678),キエティスム68命題(1687)を非難するなど,教会改革にも熱意をもって取り組んだ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android