コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インノケンティウス[11世] Innocentius XI

世界大百科事典 第2版の解説

インノケンティウス[11世]【Innocentius XI】

1611‐89
ローマ教皇。在位1676‐89年。ルイ14世およびボシュエの指導するフランスガリカニスムに終始反対した。一方,敬虔な人柄でプロテスタント弾圧を意味する〈ナントの王令廃止〉(1685)やイギリスジェームズ2世の強引なカトリック復興を示す〈信教自由令〉(1687)をも否認し,また道徳神学の弛緩主義65命題(1678),キエティスム68命題(1687)を非難するなど,教会改革にも熱意をもって取り組んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

インノケンティウス[11世]の関連キーワード天文学史(年表)慶長の大地震カルル9世後陽成天皇由良国繁ケプラーグスタブ[2世]後水尾天皇ジェズアルドフレッチャー(John Fletcher、劇作家)

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone