コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウァレンチニアヌス3世 ウァレンチニアヌスさんせい Valentinianus III; Flavius Valentinianus

1件 の用語解説(ウァレンチニアヌス3世の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウァレンチニアヌス3世
ウァレンチニアヌスさんせい
Valentinianus III; Flavius Valentinianus

[生]419.7.2. ラベンナ
[没]455.3.16. ローマ
西ローマ皇帝 (在位 425~455) 。コンスタンチウス3世ガッラ・プラキディアとの子。幼少時は母が実権を握り,のちも将軍 F.アエチウスが実質的に支配した。無能で復讐心の強い人柄といわれ,バンダル族の侵入でアフリカヒスパニア,ガリアを失い,さらにフン族のアッチラを破ったアエチウスみずからの手で殺し (454) ,西ローマの衰退を招き,自身も暗殺された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウァレンチニアヌス3世の関連キーワードオルトベンゾキノンパラベンゾキノン7人の女弁護士〈2〉ディープラベンダーラベンダー殺人事件ラベンダーの香りラベンダー・ヒル・モブロングラベンダーラベンダー祭りパラベン

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone