ウァレンチニアヌス3世(読み)ウァレンチニアヌスさんせい(英語表記)Valentinianus III; Flavius Valentinianus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウァレンチニアヌス3世
ウァレンチニアヌスさんせい
Valentinianus III; Flavius Valentinianus

[生]419.7.2. ラベンナ
[没]455.3.16. ローマ
西ローマ皇帝 (在位 425~455) 。コンスタンチウス3世とガッラ・プラキディアとの子。幼少時は母が実権を握り,のちも将軍 F.アエチウスが実質的に支配した。無能で復讐心の強い人柄といわれ,バンダル族の侵入でアフリカ,ヒスパニア,ガリアを失い,さらにフン族のアッチラを破ったアエチウスをみずからの手で殺し (454) ,西ローマの衰退を招き,自身も暗殺された。なお,444年教皇レオ1世にくみして有名な勅令 17号を発し,ローマ司教 (教皇) の首位権を定めた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android