コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィニペグ・ストライキ Winnipeg General Strike

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィニペグ・ストライキ
Winnipeg General Strike

1919年5月 15日から6月 25日,カナダ,マニトバ州の州都ウィニペグで起ったストライキ。建設および金属労働者のストライキが市全域に拡大し,1ヵ月あまりウィニペグ市の機能が麻痺した。団体交渉権を求めてたたかったのであるが,ストライキが生じた原因としては,第1次世界大戦後の復員兵の戦後経済への適応の問題,高い失業率と生活費の高騰,ロシア革命の影響,カナダにおける労働運動内部の対立抗争などがあげられる。州政府は連邦政府に支援を求め,5月 22日労相 G.ロバートソンと司法相 A.ミーエンが視察に来て以来,連邦政府による懐柔策と強硬策の2面にわたる干渉が展開されたが事態は解決をみず,6月 21日には軍隊と労働者の衝突「血の土曜日」をみて,ようやく終息した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ウィニペグ・ストライキの関連キーワードウッズワースデーフォー

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android