ウィリアム マクドゥーガル(英語表記)William McDougall

20世紀西洋人名事典の解説


1871 - 1938
英国,米国の心理学者。
元・デューク大学教授。
ランカシャー州オールダム生まれ。
ケンブリッジロンドンオックスフォードの各大学で学んだ後、1920年渡米。ハーバード大学を経て、デューク大学の教授を務めたが、機械論的行動主義が主流であったアメリカにおいて、生物学的・目的論的心理学の立場をとるマクドゥーガルは孤立し、不遇な晩年を送る。個人心とは異なる独特の作用力を持つ「集団心」の概念を主張して「集団心」(’20年)を著したほか、生理学的心理学、社会心理学、集団心の問題、目的論的心理学、異常心理学など多岐にわたる分野で業績を残す。著書はほかに「社会心理学入門」(’08年)等。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1871年6月22日
イギリス,アメリカの心理学者
1938年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android