ウィリアム マクドゥーガル(英語表記)William McDougall

20世紀西洋人名事典の解説

ウィリアム マクドゥーガル
William McDougall


1871 - 1938
英国,米国の心理学者。
元・デューク大学教授。
ランカシャー州オールダム生まれ。
ケンブリッジ、ロンドン、オックスフォードの各大学で学んだ後、1920年渡米。ハーバード大学を経て、デューク大学の教授を務めたが、機械論的行動主義が主流であったアメリカにおいて、生物学的・目的論的心理学の立場をとるマクドゥーガルは孤立し、不遇な晩年を送る。個人心とは異なる独特の作用力を持つ「集団心」の概念を主張して「集団心」(’20年)を著したほか、生理学的心理学社会心理学、集団心の問題、目的論的心理学、異常心理学など多岐にわたる分野で業績を残す。著書はほかに「社会心理学入門」(’08年)等。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

ウィリアム マクドゥーガル

生年月日:1871年6月22日
イギリス,アメリカの心理学者
1938年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android