コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィルトン Wilton, Joseph

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィルトン
Wilton, Joseph

[生]1722.7.16. ロンドン
[没]1803.11.25. ロンドン
イギリスの彫刻家。パリの王立アカデミーで学ぶ。ロココ様式と新古典主義様式を折衷した作風で,おもに胸像墓碑マントルピースを制作。『クロムウェルの胸像』などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のウィルトンの言及

【絨毯】より

…〈サボンヌリーSavonnerie〉と呼ばれる)が創設され,典雅な宮廷様式の絨毯を製作し,ヨーロッパ各地に輸出された。イギリスでは17世紀後半にフランスから技術が伝わり本格的製作が始まるが,産業革命の波によって手結びの絨毯は衰退し,ジャカード機械織絨毯が主流となり,ウィルトンWilton,キッダーミンスターKidderminster,アクスミンスターAxminsterなどが中心となった。【道明 三保子】。…

※「ウィルトン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ウィルトンの関連キーワードBFG ビッグ・フレンドリー・ジャイアントアクスミンスター・カーペットウィルトンの二連衝祭壇画ウィルトン・カーペットジョン スコフィールドウィルトンカーペットペンブルック伯夫人C. アボットウィルトン文化スコフィールドイギリス美術バンクロフトカーペットじゅうたんナッシュアボット

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウィルトンの関連情報