ウィレムスタト(英語表記)Willemstad

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベネズエラ北西岸沖約 60km,カリブ海のオランダ自治領キュラソー南東部南岸にある港湾都市首都。かつてオランダ領アンティルの中心行政都市。細長いシントアナ湾によって二分される市街にはオランダ風の切妻屋根(→切妻造)の家が多く,現在は政庁舎のアムステルダム要塞(1635)をはじめ,ユダヤ教礼拝堂(1732),オランダ改革派教会聖堂(1769)など古い建築物が残っている。近郊にシェル・オイルの経営する大規模な製油所があったが,1985年自治政府が買い上げ,生産量を縮小して運営されている。は石油積出港であるとともに,カリブ海の最良の港の一つとして大型外洋船の出入りする国際航路の要地となっている。市街地と港は 1997年世界遺産の自然遺産に登録。人口 12万3000(2009)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android