ウィンストン・レオナルド・スペンサー チャーチル(英語表記)Winston Leonald Spencer Churchill

20世紀西洋人名事典の解説

ウィンストン・レオナルド・スペンサー チャーチル
Winston Leonald Spencer Churchill


1874.11.30 - 1965.1.24
英国の政治家
元・英首相。
オックスフォード州ブレナム生まれ。
サンドハースト陸軍士官学校[1895年]卒。
政治家C.ランドルフの息子。1895年入隊。その経験を元に「マラカンド野戦軍」(1898年)などを書き、脚光を浴びる。その後「モーニングポスト」紙の特派員としてブーア戦争の取材中、捕虜となるが収容所を脱出し、英雄となる。1900年保守党下院議員となるが、’04年自由党に転じ、’08年商務相、’10年内相。’11年海相となる。その後辞任に追い込まれ、陸軍に復帰。’17年政界に戻り、陸相や海相を歴任後、首相の座につく。’45年総選挙で敗北するが、’51年首相に再選。高齢を理由に’55年引退。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android