コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一富士二鷹三茄子 イチフジニタカサンナスビ

デジタル大辞泉の解説

一(いち)富士(ふじ)二鷹(たか)三茄子(なすび)

初夢に見るものの中で、縁起のよいとされているものを順に挙げた
[補説]一に富士山、二に愛鷹(あしたか)山、三に初茄子の値段と、駿河国で高いものを並べた句ともいわれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

一富士二鷹三茄子

初夢で見ると縁起のいいものの順。▽富士山/鷹/ナスビ

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

大辞林 第三版の解説

いちふじにたかさんなすび【一富士二鷹三茄子】

初夢に見ると縁起の良い物を列挙した文句。駿河国(今の静岡県)の名物を列挙したものとする説もある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

一富士二鷹三茄子
いちふじにたかさんなすび

(ことわざ)。夢にみるもののなかで縁起のよいものの順位。とくに正月2日の初夢の縁起に用いられる。語源については、この諺が一般に流布した江戸時代中期にすでに諸説ある。(1)駿河(するが)国(静岡県中央部)の諺で、駿河の名物を順にあげたとする説がもっとも有力である。江戸時代の国語辞書『俚言集覧(りげんしゅうらん)』によれば、駿河の名物を「一富士二鷹三茄子四扇五煙草(たばこ)六座頭」とする。(2)徳川家康があげた駿河の国の高いものの順位、すなわち一に富士、二に愛鷹(あしたか)山(足高山)、三に初茄子の値段といったことに由来するとする説。(3)富士は高く大きく、鷹はつかみ取る、茄子は「成す」に通じて縁起のよい物とする説、などがある。[棚橋正博]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

一富士二鷹三茄子の関連キーワード折戸なす一・壱一富士静岡県補説駿河名物文句地口

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android