コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィーンの森 ウィーンノモリ

3件 の用語解説(ウィーンの森の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ウィーン‐の‐もり【ウィーンの森】

Wienerwald》オーストリアの首都、ウィーンの西部郊外に広がる森。実質的にはアルプス山系の最北端に相当する山で、面積は約1250平方キロメートルヨハン=シュトラウスの名曲「ウィーンの森の物語」で知られる。市民の行楽地としても人気が高い。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウィーンの森
うぃーんのもり
Wienerwald

ヨーロッパ・アルプス北東端の山地で、オーストリアの首都ウィーンの郊外にある。アルプス北部特有のフリッシュ(砂岩)帯に属するが、一部南東部は石灰岩からなる。最高峰はシェップル山(890メートル)。西はグローセ・トゥリン川、北はトゥルナーフェルト川とドナウ川、東はウィーン盆地、南はトリースティングとゲルゼンの両河川で境される。北東部はウィーン市域に属し、高原自動車道が通じており、ウィーン市民の別荘地、散策地となっている。東斜面にはブドウ畑、北斜面は牧草地の散在するブナ林、南斜面はマツ林である。ここは長らく保護林、禁猟区であったため、豊かな自然が残っている。[前島郁雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のウィーンの森の言及

【都市林】より

…したがって都市林は〈都市の生活圏域にあって,自然的レクリエーション機能を介して市民生活と深いかかわりあいをもつ公有林〉(高橋理喜男)ということができる。このような都市林のなかで長い歴史をもつ代表的なものに,グリューネワルトGrünewald(ベルリン),アイレンリーデEilenriede(ハノーファー),ウィーンの森Wienerwald,エッピング・フォレストEpping forest(ロンドン)などがある。【井手 久登】。…

※「ウィーンの森」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ウィーンの森の関連キーワードウィーンの森の物語

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウィーンの森の関連情報