コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウインタテリウム Uintatherium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウインタテリウム
Uintatherium

新生代古第三紀始新世北アメリカに生息していた草食の絶滅哺乳類の鈍足目。属名はユタ州の先住民族インディアンのウィンタ族にちなむ。湿地を好み,体高約 2mの奇怪な動物であった。最も奇妙なのは頭で,細長い頭の上に,計 6個の低いこぶのような角が 3対あった。頭の大きさのわりに,脳が小さい。上顎に大きなサーベル形の犬歯,下顎に耳たぶのような形のものがあって犬歯を受けていた。こぶと犬歯が雄では大きくなっていたので,第2次性徴ではないかとする説がある。牙はケンシコの牙に似ていて,敵に飛びかかり,いきなり突き刺すのに用いられたと思われる。頭のほかの体つきはいまのゾウに似ている。四肢が短く,体つきは重々しい。臼歯の様子から,沼や湿地で柔らかい草などを食べていたと考えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ウインタテリウム

第三紀始新世の化石哺乳(ほにゅう)類。体高2m。3対の角と牙状の犬歯をもつ。頭骨は平たんで,頭頂は皿のようにへこんでいた。脳は小さい。草食性で沼や湿地の柔らかい草を食べたと思われる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウインタテリウム【Uintatherium】

北アメリカで第三紀始新世の中・後期に繁栄していた大型でグロテスクな哺乳動物。古型の有蹄類のグループの恐角目に含められる。ゾウのように大型で,体長が3mをこし,体高1.5mのものもいた。鼻の上,鼻と目の間,ひたいの上にそれぞれ1対の骨質角状の突起があるのが特徴。化石としてアメリカ西部内陸部のユタ,コロラドワイオミングの各州に多く産出し,その地域のユーインタUinta山地のけもの(テリウム)ということで名づけられた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android