ウェスタン・オーストラリア[州](英語表記)Western Australia

世界大百科事典 第2版の解説

ウェスタン・オーストラリア[州]【Western Australia】

オーストラリア西部の州。面積252万5500km2,人口176万(1996)。州都パース。州の大半は砂漠あるいは半乾燥地帯で,年降水量500mm未満の土地が88%を占める。小麦栽培など農業が発達するが,人口密度1人/km2以上の地域は南西部(州面積の5%)に限られ,ここに人口の約90%が集中,州都だけで72%を占める。他州に比べ最も鉱業に特化した州で,雇用・生産ともに全国の約1/4を占める。とくに鉄鉱石(全国生産量の90%以上),ニッケル(同100%),ボーキサイト,塩の産出州として重要。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android