ウェンカー(英語表記)Wenker, Georg

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウェンカー
Wenker, Georg

[生]1852.2.25. ジュッセルドルフ
[没]1911.7.17. ジュッセルドルフ
ドイツの言語学者。『ドイツ言語地図』 Deutscher Sprachatlasの創始者 (のちに F.ウレーデによって刊行が開始され,W.ミツカらによって受継がれた) として知られる。これは,約 40の例文の方言訳を約3万 (のちに約5万) 地点の学校教師に質問票を送って答えてもらうという間接調査のため方法論上の弱点をもっていたが,初めての本格的な言語地図としての意義をもっている。その成果の一部が『北部=中部ドイツ言語地図』 Sprachatlas von Nord-und Mitteldeutschland (1881) として出た結果,ゲルマン語の子音推移を示す等語線が単語によって一致しないことが明らかとなり,青年文法学派音韻法則の例外皆無性に異論を唱える形で言語地理学が生れるきっかけとなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android