コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

音韻法則 おんいんほうそく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

音韻法則
おんいんほうそく

2つ (以上) の言語 (方言) 間,または同一言語 (方言) の時代的に異なる2つ (以上) の共時態間において,それぞれの音韻が互いに規則正しく対応し合う規則性のこと。音韻法則は個々の形態素 (ないし単語) の音形の対応から帰納される。それぞれの言語 (方言) において,意味とは関係なしに調音に起った規則的な音韻変化の,結果としての対応公式ともいえる。時間と場所の限定を伴う帰納法則で,時空をこえた一般法則ではない。本来言語記号の音と意味との関係は非必然的なものであるから,そこにこのような通則がみられることは偶然ではありえず,当該形態素間のなんらかの歴史的つながりを暗示する。2つ (以上) の言語 (方言) 間において,同様の対応が基礎語彙のなかに多量に見出されれば借用の蓋然性が小さく,同系関係の蓋然性が大となる。 19世紀後半,青年文法学派の学者たちは「音韻法則に例外なし」の旗印のもとに,比較研究,歴史研究を飛躍的に進歩させた。実際問題としては,借用,類推のみならず,弱め,強調その他の要因のために音韻法則に例外が生じうるのは事実であるが,音韻法則を無視して言語の比較研究を行うことは不可能である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

音韻法則【おんいんほうそく】

音法則

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

おんいんほうそく【音韻法則】

音の記述に関する法則。構造言語学では音韻体系の記述に必要とされる規則を指すが、歴史言語学では音声変化の規則を指す。後者としては、グリムの法則やベルナーの法則が有名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

音韻法則
おんいんほうそく

音声変化における規則性。ある音声は、ある時期に、同じ条件のもとで一律に変化する。一律に変化するため、変化した音声の間に規則的対応がみられる。
(1)ある言語内でa音がb音に変わるとき、歴史的にみればa音はb音に対応する。日本語では、中世の両唇摩擦音//が一律に声門摩擦音/h/に変わった。/aru/→/haru/「春」の例から、//は/h/と対応する。
(2)地理的にみれば、同一言語内の、A地域でa音がb音に変化し、B地域でa音がc音に変化すれば、A地域のb音とB地域のc音は対応をなす。たとえば、英語のtap[tp]「飲み口」とtop[tp]「頂」を、ドイツ語のZapfen[tsapfen]「飲み口」、Zopf[tspf]「下げ髪」と比べれば、英語の語頭の[t]と語中の[p]の音は、それぞれドイツ語の[ts]と[pf]の音に対応している。二つの言語の間で類似した意味の語に音韻対応がみられるとき、これら言語は共通の祖先から派生した姉妹語と考えることができる。[小泉 保]
『池上二良編『言語の変化』(『講座言語 第2巻』1980・大修館書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

音韻法則の関連キーワードウラル=アルタイ諸語グラスマンの法則ウェルネルの法則ギャルマーティグリム兄弟歴史言語学言語年代学比較言語学構造言語学ウェンカージリエロン言語地理学レスキーンアスコリヘルマン音韻対応グリム語源学記述

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android