コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウゴリーノ・ダ・シエナ ウゴリーノ・ダ・シエナUgolino da Siena

1件 の用語解説(ウゴリーノ・ダ・シエナの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウゴリーノ・ダ・シエナ
ウゴリーノ・ダ・シエナ
Ugolino da Siena

[生]1295? シエナ
[没]1339頃
イタリアの画家。 Ugolino di Nerioともいう。シエナで活躍。 G.バザーリによれば G.チマブーエの弟子,しかし作風にはドゥッチオの影響が濃厚。彼のものと確証される唯一の作品はフィレンツェサンタ・クローチェ聖堂のために制作した聖像障壁で,現在ロンドンナショナルギャラリーベルリンブダペストなどの美術館に分蔵されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ウゴリーノ・ダ・シエナの関連キーワード六条有忠後醍醐天皇神皇正統記映画ファンドイルハン国御伝鈔マルコポーロ過去帳浄賀東方見聞録

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone