ウゴリーノ・ダ・シエナ(英語表記)Ugolino da Siena

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウゴリーノ・ダ・シエナ
Ugolino da Siena

[生]1295? シエナ
[没]1339頃
イタリアの画家。 Ugolino di Nerioともいう。シエナで活躍。 G.バザーリによれば G.チマブーエの弟子,しかし作風にはドゥッチオの影響が濃厚。彼のものと確証される唯一の作品はフィレンツェのサンタ・クローチェ聖堂のために制作した聖像障壁で,現在ロンドンのナショナル・ギャラリー,ベルリン,ブダペストなどの美術館に分蔵されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android