コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウスノキ(読み)うすのき

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウスノキ
うすのき / 臼木
[学]Vaccinium hirtum Thunb.

ツツジ科の落葉低木。高さ1メートル内外で若枝は緑色。葉は互生し、長楕円(ちょうだえん)状卵形、長さ2~4センチメートルで先はとがり、縁(へり)に細鋸歯(さいきょし)がある。4~5月、前年の枝の先に白色ですこし赤褐色を帯びた鐘形の花が1~3個下向きに開く。花冠は長さ約5ミリメートルで、先が浅く5裂して反り返り、雄しべは10本ある。果実は倒卵形、長さ約1センチメートルで浅い5稜(りょう)があり、先はへこみ、周りに5枚の萼片(がくへん)が残っている。8~9月に赤く熟して食べられる。北海道、本州、四国、九州の山地に分布する。名は、果実の先がへこみ臼(うす)形になるためで、果実が角張るのでカクミノスノキ(角実の酢の木)ともよばれる。[小林義雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のウスノキの言及

【スノキ】より

…北アメリカのクランベリーV.macrocarpon Ait.(英名large cranberry)は果実が径1~2cmとなり,ジュースやジャム用に栽培される。 スノキ節は6種あるが,スノキのほかによく見られるものは,ウスノキとナツハゼである。ウスノキV.hirtum Thunb.はスノキによく似るが果実に5本の稜があり,熟すと紅色になる。…

※「ウスノキ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android