コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウスヒラムシ Notoplana parasitica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウスヒラムシ
Notoplana parasitica

扁形動物門渦虫綱多岐腸目ヤワヒラムシ科。体長 15mm,体幅 5mmほどであるが,体長 30mmになるものもある。体は前端が丸く,後端は扁平。体の背面は灰色で,内臓が外から透けて見える。体前方に1対の小さい触手があり,口は体の中央より少し前方の腹面に開く。腹側に密生する繊毛で石の面などを滑るように移動し,ときに水中を泳ぐこともある。日本各地の海岸の転石の下に普通にみられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウスヒラムシ
うすひらむし / 薄平虫
[学]Notoplana humilis

扁形(へんけい)動物門渦虫綱多岐腸目ヤワヒラムシ科に属する海産小動物。日本各地の沿岸の磯にもっとも普通にすむ種類で、転石の下、海藻の上などにみられる。同属の近似種には100メートル以深の海底にも分布しているものがある。体長15~30ミリメートル、幅5~10ミリメートルぐらいで、石の面を滑るように移動する。体は細長いが前端は丸く扁平(へんぺい)。体色は食物によって異なるが、背面は灰褐色や黒灰色を帯びる。腹面は灰白色、中央の口から分岐する腸管や生殖腺(せん)が透けてみえる。前端の近くに小さい触角があり、その付近に1対の黒色の眼点群がある。[峯岸秀雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のウスヒラムシの言及

【ヒラムシ(平虫)】より

…イイジマヒラムシStylochus ijimaiやフロリダ産のS.frontalisはカキを好んで食べるので養殖ガキに大きな被害を与える。 潮間帯でふつうに見られるヒラムシ類にはツノヒラムシPlanocera reticulata(イラスト),ウスヒラムシNotoplana humilis(イラスト),チチイロウスヒラムシN.japonica,カリオヒラムシCallioplana marginataなどがある。浮遊生活するのはオキヒラムシPlanocera pellucidaで,太平洋,大西洋,インド洋などに分布する。…

【扁形動物】より

…ナミウズムシDugesia japonicaは,きれいな池沼や小川などの石の下などにすみ,再生力が強いところから,実験形態学上の材料に用いられてきた。ウスヒラムシNotoplana humilusほか多くの種類は潮間帯の石の下などに見られる。また,コウガイビルの仲間は体長30cmほどのものがあり,森や庭などの湿気の多い場所にすむ。…

※「ウスヒラムシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ウスヒラムシの関連キーワード扁虫・平虫ヒラムシ類

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android