ウスワイア(英語表記)Ushuaia

百科事典マイペディアの解説

ウスワイア

アルゼンチン南部,フエゴ島連邦領の主都ビーグル海峡に面し,南緯54°48′西経68°19′に位置する世界最南端の都市。1869年英国国教会入植。20世紀前半は政治犯の流刑地。海軍基地がある。林業と漁業のほか,電子部品の組立てが行われる。自由港で,観光の拠点。町のすぐそばまで氷河が迫っている。5万7000人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウスワイア【Ushuaia】

アルゼンチン南部,フエゴ島連邦領の主都,南緯54゜48′,西経68゜19′に位置する世界最南端の都市で,自由港。人口約6000。スペインからの独立後アルゼンチン領となる。1869年英国国教会布教団が入植を開始,93年法制上の町,1904年フエゴ島連邦領主都となる。20世紀前半政治犯などの流刑地とされたが,50年代に廃止された。軍事基地があり,後背地では石油,天然ガスの開発が盛んである。【今井 圭子】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウスワイア
うすわいあ
Ushuaia

アルゼンチン南端のフエゴ島にある町。ビーグル海峡に面し、世界最南端の都市(南緯54度49分)として知られる。都市圏人口4万5064(2001)。牧羊業の中心地で、製材工場、魚類の缶詰工場があり、港としても重要である。1982年のフォークランド紛争や、ビーグル海峡3島のチリとの領土紛争のため、軍事基地としての役割が重視された。[今井圭子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android