コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウスワイア ウスワイア Ushuaia

4件 の用語解説(ウスワイアの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ウスワイア(Ushuaia)

アルゼンチン南端のフエゴ島にある都市。ビーグル水道に臨む。牧羊業が行われる

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ウスワイア

アルゼンチン南部,フエゴ島連邦領の主都。ビーグル海峡に面し,南緯54°48′西経68°19′に位置する世界最南端の都市。1869年英国国教会が入植。20世紀前半は政治犯の流刑地。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ウスワイア【Ushuaia】

アルゼンチン南部,フエゴ島連邦領の主都,南緯54゜48′,西経68゜19′に位置する世界最南端の都市で,自由港。人口約6000。スペインからの独立後アルゼンチン領となる。1869年英国国教会布教団が入植を開始,93年法制上の町,1904年フエゴ島連邦領主都となる。20世紀前半政治犯などの流刑地とされたが,50年代に廃止された。軍事基地があり,後背地では石油,天然ガスの開発が盛んである。【今井 圭子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウスワイア
うすわいあ
Ushuaia

アルゼンチン南端のフエゴ島にある町。ビーグル海峡に面し、世界最南端の都市(南緯54度49分)として知られる。都市圏人口4万5064(2001)。牧羊業の中心地で、製材工場、魚類の缶詰工場があり、港としても重要である。1982年のフォークランド紛争や、ビーグル海峡3島のチリとの領土紛争のため、軍事基地としての役割が重視された。[今井圭子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウスワイアの関連キーワードフエゴ島フォークランド戦争亜爾然丁アルゼンチンタンゴダーウィンレアティエラデルフエゴフエゴ島国立公園プエルトイグアスリオガジェゴス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone