コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウマノミツバ(馬之三葉) ウマノミツバSanicula chinensis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウマノミツバ(馬之三葉)
ウマノミツバ
Sanicula chinensis

セリ科多年草。日本,中国,朝鮮半島,千島,サハリンなどに分布し,山の木陰のやや湿ったところに生える。茎は直立し,上部で分枝して高さ 40~90cmほどになり,葉を互生する。葉は3小葉からなり,長さ4~11cmでほとんど無毛。葉柄は下部の葉では長いが,上部に向って次第に短くなる。7~9月頃,花茎の先に小さな散形花序をつくり白色の花を開く。花序には両性花と雄花が混生する。果実は表面に鉤状のとげをもつ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone