ウマノミツバ(馬之三葉)(読み)ウマノミツバ(英語表記)Sanicula chinensis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウマノミツバ(馬之三葉)
ウマノミツバ
Sanicula chinensis

セリ科多年草。日本,中国,朝鮮半島千島サハリンなどに分布し,山の木陰のやや湿ったところに生える。茎は直立し,上部で分枝して高さ 40~90cmほどになり,葉を互生する。葉は3小葉からなり,長さ4~11cmでほとんど無毛。葉柄は下部の葉では長いが,上部に向って次第に短くなる。7~9月頃,花茎の先に小さな散形花序をつくり白色の花を開く。花序には両性花雄花が混生する。果実は表面に鉤状とげをもつ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android