コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウマル・イブン・アビー・ラビーア ウマル・イブン・アビー・ラビーア `Umar ibn Abī Rabī`ah

2件 の用語解説(ウマル・イブン・アビー・ラビーアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウマル・イブン・アビー・ラビーア
ウマル・イブン・アビー・ラビーア
`Umar ibn Abī Rabī`ah

[生]644? メッカ
[没]720?
アラビアの詩人。「ガザル」という新しい抒情詩体を用いて,アラビア語の詩界に新生面を開いた。メッカのクライシ族の富豪の子として生れ,青春時代をメジナで暮したが,やがて故郷に戻った。南アラビア,シリアイラクなどにも旅した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウマル・イブン・アビー・ラビーア
うまるいぶんあびーらびーあ
‘Umar ibn Ab Rab‘ah
(644―719)

古代アラビアの官能詩人。メッカ市の富裕商人の家に生まれる。青春時代から婦人たちとの遊びに熱中して、彼女たちとの交情を情熱的に歌い上げた。世の男女は彼の詩に夢中になり、当時のある謹厳な宗教学者でさえも、その詩の濃厚な描写の一節をそらんじるのを自制できなかったという。巡礼途中の子女を題材とした愛欲の詩をも詠んだので、良家の子女はメッカ巡礼を見合わせるという事態さえ起こった。そこで教王(カリフ)は彼を紅海の一孤島に島流しにしたが、老年になって改悛(かいしゅん)して帰郷を許され、以後禁欲の生活を送ったといわれる。[内記良一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウマル・イブン・アビー・ラビーアの関連キーワードマッカめっめっかち目っかるめっきめっきメットメッカを撃てメッカ(マッカ)フォン・メック,N.メック,N.von

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone