コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウミケムシ ウミケムシChloeia flava

3件 の用語解説(ウミケムシの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウミケムシ
ウミケムシ
Chloeia flava

環形動物門多毛綱遊在目ウミケムシ科。体長 10cm内外,体節数 30~40。体の背面に木の葉状の鰓が2列に並ぶ。各体節には白くて長い剛毛がたくさん生えていて,これに刺されると痛い。本州中部以南,南西太平洋インド洋に分布する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ウミケムシ

多毛類ウミケムシ科の環形動物。体長7〜8cm,体幅2cmくらいの紡錘形。体節数は30〜40。背面正中線に沿ってまるい紫色の斑紋が1列に並び,その両側には羽毛状の鰓(えら)がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウミケムシ
うみけむし / 海毛虫
[学]Chloeia flava

環形動物門多毛綱遊在目ウミケムシ科に属する海産動物。本州中部以南、インド洋、フィリピンオーストラリアに分布する。体長5~8センチメートル、体幅2センチメートル前後。体は紡錘形で、環節数30~40個。各環節の背面には正中線上に1個の卵形の紫色斑紋(はんもん)があり、各斑紋は黄白色の帯で囲まれている。前口葉は小さく、短い5本の感触手があり、1個の細長い肉冠が第4環節まで伸びる。眼点は2対あり、前対のものは大きい。背面の斑紋の両側には細かく枝分れしたえらが1対存在する。いぼ足には白くて長い剛毛が密生し、ときにそれを直立させるので、ちょうど毛虫のような形になるのでこの名がある。夕刻に水面近くを泳ぐことがあり、剛毛の先端が鋭く、刺されると痛い。[今島 実]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone