コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウミヒノキ ウミヒノキMacrorhynchia phoenicea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウミヒノキ
Macrorhynchia phoenicea

刺胞動物門ヒドロ虫綱ヒドロ虫目ハネガヤ科。枝が一平面に広がって大きな群体をつくるヒドロ虫。群体は黄褐色から暗褐色で,高さ 10~30cmになり,幹から左右交互に枝を出して同一平面内に羽状に広がる。さらに幹と各枝から左右に多くの小枝を出す。ヒドロ莢は壺形で,背側を茎に接着させ,口縁に4歯があり,内部には水平な隔膜が前縁中央から突出している。刺莢はヒドロ莢の上背側に1対と直下に1個ある。生殖時期は春から秋までで,その時期になるといくつかの小枝が変形し,ヒドロ莢は基部にある1~2個を残してすべて消失する。本州中部以南に分布し,深さ数mの海底の岩などに着生する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウミヒノキ
うみひのき / 海檜
[学]Macrorhynchia phoenicea

腔腸(こうちょう)動物門ヒドロ虫綱ヒドロイド目ハネカヤ科に属する海産動物。個体群が癒着(ゆちゃく)し、高さ10~30センチメートルの羽状体(うじょうたい)を形成する。羽状枝は幹から一平面上に左右ほぼ交互に枝を出し、植物のヒノキの枝に似た外観を示す。枝はさらに多数の小枝を互生し、その小枝は規則的な節に分かれ、各節に1個ずつのヒドロ莢(きょう)をつけている。ヒドロ莢はその背部のすべてを茎に接着させ、その下方中央に内側に曲がった1個の前刺莢、また上背側に1対の側刺莢がみられる。生殖体は小枝がとくに変形したものの上に生ずる。群体は黄褐色や暗褐色などを帯びる。本州中部以南、太平洋岸の数メートルの海中の岩石などに付着している。[山田真弓]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android