コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウラーンバートル Ulaanbaatar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウラーンバートル
Ulaanbaatar

モンゴル首都。旧称ではウルガ Urga,ダーフレー Daxüree,クーロン (庫倫) など。モンゴル中部,ヘンティー山脈西部の盆地,標高 1351mにある。トール川に臨み,周辺は豊かな草原地帯。年降水量約 300mm。月平均気温-22℃ (1月) ~16.4℃ (7月) 。行政上は特別市で,4区に分かれる。 1639年にハルハ人から活仏と認められたジェブツン・ダンバ・フトゥクトの居所となり,18世紀後半からは清朝の外モンゴルにおける政治,軍事の中心地ともなった。ロシアと中国の交易地としてもにぎわい,商業地区が設けられた。 1921年革命政府の所在地となり,1924年人民共和国の発足とともに「赤い英雄」を意味する現在名に改称,首都となった。国の人口の4分の1が集中し,政治,経済,文化,教育すべての中心地となっている。政庁舎,大学,科学アカデミー,劇場,博物館,放送局,出版所,ホテルなどがあり,郊外には畜産品の加工を主に軽工業が発達。シベリア鉄道ウランウデ,中国のフフホト (呼和浩特) と鉄道で結ばれ,国内の主要都市と自動車道,航空路で結ばれる。人口 116万1800(2011)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ウラーンバートルの関連キーワードツェデンドルジーン ツェデンジャブトゥシエト・ハン(土謝図汗)エレンホト(二連浩特)市ジョーン・モド(昭莫多)ペキン(北京)直轄市チーアル(集二)鉄道ベンセン・ウリゲルブリヤート共和国ウンドゥルハーンチョイバルサンツェツェルレグジャンガル物語サインシャンダアルバイヘールバヤンホンゴルダランザドガドバローンオルトウリヤスタイモンゴル相撲ツェデンバル

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android