ウリジン二リン酸(読み)うりじんにりんさん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウリジン二リン酸
うりじんにりんさん

生物体内に存在する化学物質。UDP(uridine diphosphate)と略記する。ウラシルリボース、2分子のリン酸から構成されるピリミジンヌクレオチドである。UDPは、生物がショ糖、グリコーゲンなどの糖類を合成する際、また単糖類が相互に変換する際に重要な働きをする多くの糖ヌクレオチドの構成成分である。また、RNA(リボ核酸)合成の前駆物質の一つであるUTP(ウリジン三リン酸)はUDPを経て合成される。[笠井献一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android