ウリジン二リン酸(読み)うりじんにりんさん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

生物体内に存在する化学物質。UDP(uridine diphosphate)と略記する。ウラシルリボース、2分子のリン酸から構成されるピリミジンヌクレオチドである。UDPは、生物がショ糖、グリコーゲンなどの糖類を合成する際、また単糖類が相互に変換する際に重要な働きをする多くの糖ヌクレオチドの構成成分である。また、RNA(リボ核酸)合成の前駆物質の一つであるUTP(ウリジン三リン酸)はUDPを経て合成される。[笠井献一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android