単糖類(読み)たんとうるい(英語表記)monosaccharide

翻訳|monosaccharide

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

単糖類
たんとうるい
monosaccharide

炭水化物の単量体。糖類の基本となる。糖類の加水分解により得られる。一般式 Cm(H2O)n で表わされ,n の数によってトリオース (3) ,ペントース (5) ,ヘキソース (6) などと呼ぶ。構造中にアルデヒド基をもつものをアルドースといい,ケト基をもつものをケトースという。また多くの不斉炭素原子をもつので,立体異性体が存在する。一般に光学活性体である。溶液では時間の経過とともに旋光度が変化して,最後に一定の値をとって止る。単糖類は多糖類の加水分解のほか,合成により得ることができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

たんとうるい【単糖類】

糖類のうち、加水分解によってそれ以上低分子の糖を生じないもの。一般に Cn H2n On と表される。 D -グルコース(ブドウ糖)・ D -フルクトース(果糖)など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android