ウルソデオキシコール酸(読み)ウルソデオキシコールサン

化学辞典 第2版「ウルソデオキシコール酸」の解説

ウルソデオキシコール酸
ウルソデオキシコールサン
ursodeoxycholic acid

(3α,5β,7β)-3,7-dihydroxycholan-24-oic acid.C24H40O4(392.57).コール酸より誘導される.白色の結晶または粉末.融点200~204 ℃.+54~+60°(エタノール).エタノールに易溶,エーテルに難溶,水に不溶.ツキノワグマの肝汁中にタウリンとの抱合体として見いだされた.肝機能改善薬として,また,胆石溶解剤にも使用される.[CAS 128-13-2]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android