ウルトラブック(読み)うるとらぶっく(英語表記)Ultrabook

日本大百科全書(ニッポニカ)「ウルトラブック」の解説

ウルトラブック
うるとらぶっく
Ultrabook

アメリカのインテルIntel社が2011年に提唱したノートパソコンの新しいカテゴリー従来型と比べ、薄く軽量で起動時間が短縮され、長時間のバッテリー駆動にも対応、かつ廉価といった点を特徴としている。なお、英語のUltrabookはインテル社の登録商標となっている。2011年秋ごろから、消費電力が少なく長時間駆動に適した超低電圧で動作するCPU(中央処理装置)を搭載した機種が登場した。また、2012年秋に発売されたマイクロソフト社のOS、Windows 8(ウィンドウズエイト)は、タブレット型で採用されているタッチパネルによる操作を前提とした設計で、それに対応したウルトラブックも同時に多数発表された。

 今後のノートパソコンの主力商品として期待されたが、構想の当初に予定されていた低価格モデルは実現しておらず、パソコンやデジタル家電のマーケティングデータ「BCNランキング」によると、日本では、2012年(平成24)10月の時点で、量販店のノートパソコンの販売機種数に占めるウルトラブックの割合は8.1%となっている。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「ウルトラブック」の解説

ウルトラブック(Ultrabook)

2011年に米国インテル社が提唱した次世代ノートパソコンのカテゴリー。厳密な定義はないが、薄型軽量で厚さ約2センチメートル以下、従来のノートパソコンに比べてバッテリーの保持時間が長く、また起動時間が短いという特徴をもちながら、比較的低価格のものを指す。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android