コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウルトラブック ウルトラブック Ultrabook

2件 の用語解説(ウルトラブックの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ウルトラブック(Ultrabook)

2011年に米国インテル社が提唱した次世代ノートパソコンカテゴリー。厳密な定義はないが、薄型軽量で厚さ約2センチメートル以下、従来のノートパソコンに比べてバッテリー保持時間が長く、また起動時間が短いという特徴をもちながら、比較的低価格のものを指す。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウルトラブック
うるとらぶっく
Ultrabook

アメリカのインテルIntel社が2011年に提唱したノートパソコンの新しいカテゴリー。従来型と比べ、薄く軽量で起動時間が短縮され、長時間のバッテリー駆動にも対応、かつ廉価といった点を特徴としている。なお、英語のUltrabookはインテル社の登録商標となっている。2011年秋ごろから、消費電力が少なく長時間駆動に適した超低電圧で動作するCPU中央処理装置)を搭載した機種が登場した。また、2012年秋に発売されたマイクロソフト社のOS、Windows 8(ウィンドウズエイト)は、タブレット型で採用されているタッチパネルによる操作を前提とした設計で、それに対応したウルトラブックも同時に多数発表された。
 今後のノートパソコンの主力商品として期待されたが、構想の当初に予定されていた低価格モデルは実現しておらず、パソコンやデジタル家電のマーケティングデータ「BCNランキング」によると、日本では、2012年(平成24)10月の時点で、量販店のノートパソコンの販売機種数に占めるウルトラブックの割合は8.1%となっている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウルトラブックの関連キーワードPCIバスBTXアイコンプインデオウインテルセントリーノツーセントリーノプロマックブックマックブックPro

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウルトラブックの関連情報