ウロハゼ(洞沙魚)(読み)ウロハゼ(英語表記)spottyband goby

世界大百科事典 第2版の解説

ウロハゼ【ウロハゼ(洞沙魚) spottyband goby】

スズキ目ハゼ科ヒトミハゼ属の魚(イラスト)。吻(ふん)部は大きく下あごは上あごよりも突き出ており,舌の先が二つに分かれる。頭部は縦扁している。体色は灰褐色,体側に5個の暗褐色斑紋がある。眼の下から下あごまで走る暗褐色の帯がある。第1背びれには一部不明りょうな3条の縞模様がある。黒色斑点が目だつ魚である。腹びれは成長につれて左右が合わさって吸盤状となり,洞(うろ)のように見えるのでウロハゼの名がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android