コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウーゼ ウーゼ Uhse, Bodo

2件 の用語解説(ウーゼの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウーゼ
ウーゼ
Uhse, Bodo

[生]1904.3.12. ラシュタット
[没]1963.7.2. 東ベルリン(現ベルリン)
東ドイツで活躍した作家。国家社会主義的な青年運動に参加後,反ファシズムに転じ,共産党に入党,1933年パリに亡命。 40年メキシコに渡る。戦後東ドイツへ帰り,雑誌『アウフバウ』 Der Aufbauを編集,東ドイツ文学界の指導者の一人となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウーゼ
うーぜ
Bodo Uhse
(1904―1963)

ドイツの小説家。ラスタット職業軍人の家に生まれ、右翼団体員、ナチス党員となったがまもなく離れ、ドイツ共産党に入党。1933年亡命。以後反ファシストとしてスペイン、メキシコで闘い、48年帰国しドイツ民主共和国(東ドイツ)で活躍した。自伝的小説『傭兵(ようへい)と兵士』(1935)、スペイン内戦におけるドイツのファシストと反ファシストの対決を描いた長編『ベルトラム中尉』(1943)、ナチス支配下の地下抵抗運動を主題とした長編『愛国者 第一部』(1954)が代表作である。[高村 宏]
『榎本重男他訳『愛国者』上下(1981・新日本出版社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウーゼの関連キーワードワールシュタットの戦いクロンシュタットテレージエンシュタットヘルマンシュタットミッヒェルシュタットケーゲルシュタット・トリオダルムシュタット城音楽祭カール・マルクス・シュタットラシュタット条約ワールシュタットの戦

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone