エアデールテリア(英語表記)Airedale terrier

大辞林 第三版の解説

エアデールテリア【Airedale terrier】

イヌの一品種。イギリスのエアデール地方原産。体高60センチメートル 程度。ワイヤ状の上毛と柔らかい下毛とをもつ。猟犬や警察犬・軍用犬として用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エアデールテリア
えあでーるてりあ
Airedale terrier

哺乳(ほにゅう)綱食肉目イヌ科の動物。家畜であるイヌの1品種で、原産地はイギリス。オッターハウンドにアイリッシュテリア、ウェルシュテリア、ラッティングテリアなどの血を混じて作出されたもので、1884年にイギリス・ケネル・クラブで公認された。テリアのなかではもっとも大形で、テリアの王様ともいわれる。怜悧(れいり)で各方面に性能もよく、警察犬としても優れている。また猟犬としても活躍し、ピューマ猟にも用いられた。わが国でもファンがいるものの、現在ドッグショーの出陳頭数はそれほど多くない。断尾しトリミングを施す。体高55~61センチメートル、体重20キログラムぐらい。[増井光子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

エアデール‐テリア

〘名〙 (Airedale terrier) イヌの一品種。テリア種とオッターハウンドの交配種と考えられる。中形で、毛は堅くちぢれている。性質はおとなしく愛玩用、狩猟用。イギリス、ヨークシャー地方のエアデールが原産地。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android