コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エイド分析 Automatic Interaction Detector analysisAID analysis

DBM用語辞典の解説

Automatic Interaction Detector analysis【エイド分析 AID analysis】

AIDはデータベース・マーケティングでよく利用される分析方法である。オートマティック・インタラクション・ディレクターの略称であるが、多変数を当てはめて集合を作っていく簡単な方法である。2変数以上を相互関係(インタラクション)させて値を計算する。この方法は、データベースがあれば専門家の介入を必要とせず、ある程度の非定形情報を取り出す事ができる。下図は、AIDのひとつの例である。10万件の顧客数があり、今月のプロモーションの反応が3%であったとする。年齢でその反応率がどう違うかを知りたいとする。30歳以下の条件を入れる。30歳以下12,000人で購入率は3.9%であった。では、30歳以下の12,000人が独身既婚ではどうなっているか。独身の顧客は7,000人で3.3%の購入、既婚の顧客は5,000人で4.8%の購入であった。このように、変数にある条件を入れてその条件のグループの数値を取り出す分析である。

出典 (株)ジェリコ・コンサルティングDBM用語辞典について 情報

エイド分析の関連キーワードオートマチック・インタラクション・ディテクター分析

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android