コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エウスタキオ エウスタキオEustachio, Bartolomeo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エウスタキオ
Eustachio, Bartolomeo

[生]1524? サンセベリノ
[没]1574.8. フォソンブローネ
イタリアの医師,解剖学者。ローマ大学の解剖学教授,ローマ教皇の侍医でもあった。近代解剖学の創始者の一人で,耳管や心臓の弁など,数多くの部位を正確に記載した。 1552年に世界最初の銅版解剖図を完成。これは交感神経系をみごとに描いていることで注目されている。 1714年に出版され,日本でも幕末に杉田梅里によって翻訳された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エウスタキオ【Bartolommeo Eustachio】

1520か24‐74
イタリアの医者でローマの大学教授。A.ベサリウスやG.ファロピオと同時代の解剖学者で,耳管,胸管などの発見者。著書《Tabulae anatomicae(解剖学図譜)》(1552執筆)は彼の急逝で出版されず,1714年法王の侍医ランチージG.M.Lancisiが出版した。本書の銅版画はベサリウス《ファブリカ》をしのぐほどみごとで,交感神経,歯牙,顔面筋,喉頭,副腎などの図解がある。いまもエウスタキオ管(耳管,欧氏管)やエウスタキオ弁(下大静脈弁)の呼名がのこされている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

エウスタキオ【Bartolommeo Eustachio】

1524~1574) イタリアの解剖学者。1552年に世界で最初の銅版解剖図を完成。耳管を発見。また、初めて子宮の正確な図を書いた。オイスタキウス。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のエウスタキオの言及

【解剖学】より

…その後このようないきさつでパドバを中心に解剖学が急速に進歩することになる。エウスタキオ(耳管Eustachian tubeに名が残る),ファロピオ(卵管Falloppian tubeにその名が残る),ファブリキウス(アクアペンデンテの),アランティウスJ.C.Arantius(1530‐89),バロリオConstanzo Varolio(1543‐75)などつぎつぎと立派な解剖学者が生まれ多くの発見がなされた。ちなみに血液循環の原理を発見したハーベーはベサリウスの孫弟子であるファブリキウスの弟子にあたる。…

※「エウスタキオ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エウスタキオの関連キーワードガマホルバインシャルル真田幸隆アンリ[3世]新韓銀行グラナダ泰山アグリコラ犬筑波集

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone