コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エウメネス Eumenēs

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エウメネス
Eumenēs

[生]前362
[没]前316
古代マケドニアの将軍。ギリシア人出身の有能な将軍で,アレクサンドロス3世 (大王) の死後,「後継者 (ディアドコイ ) 」の一人としてマケドニア王家に忠誠を尽し,摂政ペルディッカスを助けて,アンチゴノス1世プトレマイオス1世ソテルらと戦った。ペルディッカスが部下に殺されたあと,死刑の宣告を受けたが,新摂政ポリュペルコンによって将軍として承認され,キリキアで兵を集めて東進。イラン平原でアンチゴノスと対決したが,敵の奸計によって殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

エウメネスの関連キーワード『へうげもの』と異色歴史マンガヒエラポリスアッタロス(3世)アッタロス[2世]アッタロス[3世]アッタロス(2世)ファルナケス1世アンティゴノス朝ペルガモン祭壇フィレタイロスエフェメリデスアリストニコスペルガモン王国アッタロス3世アッタロス2世ヒエラポリスアッタロス朝ヒストリエペルガモン図書館

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android