コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エウメネス エウメネスEumenēs

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エウメネス
Eumenēs

[生]前362
[没]前316
古代マケドニアの将軍。ギリシア人出身の有能な将軍で,アレクサンドロス3世 (大王) の死後,「後継者 (ディアドコイ ) 」の一人としてマケドニア王家に忠誠を尽し,摂政ペルディッカスを助けて,アンチゴノス1世プトレマイオス1世ソテルらと戦った。ペルディッカスが部下に殺されたあと,死刑の宣告を受けたが,新摂政ポリュペルコンによって将軍として承認され,キリキアで兵を集めて東進。イラン平原でアンチゴノスと対決したが,敵の奸計によって殺された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

エウメネスの関連キーワード『へうげもの』と異色歴史マンガヒエラポリスアッタロス[2世]アッタロス(3世)アッタロス[3世]アッタロス(2世)ファルナケス1世アンティゴノス朝アッタロス3世フィレタイロスペルガモン祭壇アッタロス2世アリストニコスエフェメリデスペルガモン王国ヒエラポリスアッタロス朝ペルガモンヒストリエ羊皮紙

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android