エウメネス(英語表記)Eumenēs

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エウメネス
Eumenēs

[生]前362
[没]前316
古代マケドニアの将軍。ギリシア人出身の有能な将軍で,アレクサンドロス3世 (大王) の死後,「後継者 (ディアドコイ ) 」の一人としてマケドニア王家に忠誠を尽し,摂政ペルディッカスを助けて,アンチゴノス1世プトレマイオス1世ソテルらと戦った。ペルディッカスが部下に殺されたあと,死刑の宣告を受けたが,新摂政ポリュペルコンによって将軍として承認され,キリキアで兵を集めて東進。イラン平原でアンチゴノスと対決したが,敵の奸計によって殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

肉肉しい

肉料理に対する形容の一つ。しっかりした食感や肉汁が溢れるなど、強く「肉っぽさ」を感じさせる料理を表すのに用いられる。2010年代後半に、塊肉や熟成肉、肉バルなど様々な肉料理の流行に伴い、テレビや雑誌な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android