コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エクバタナ Ecbatana

デジタル大辞泉の解説

エクバタナ(Ecbatana)

古代ペルシアの中心都市。今のイランのハマダーンにあたる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

エクバタナ【Ekbatana】

イラン西部の都市ハマダーン古名で,古代イラン語ハグマターナHagmatānaに由来する。前8~前6世紀にはメディア王国の首都であった。ヘロドトスは七重の城壁をもつ都市であったと伝えている。前550年にキュロス2世がメディアを征服してからペルシア帝国の王都の一つとなり,夏宮として利用された。ペルセポリススーサバビロンとともに,エクバタナにも帝国公文書類が保管されていたことは旧約聖書の記事(《エズラ記》6:2)からも明らかである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

エクバタナ【Ecbatana】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エクバタナ

ハマダーン」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

エクバタナの関連キーワードアレクサンドロス(マケドニア王)アレクサンドロス3世(大王)西・南アジア史(年表)プレスター・ジョン伝説ビーシトゥーンパルメニオンデイオケスハマダン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android