コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エグバート Egbert

百科事典マイペディアの解説

エグバート

英国のウェセックス王(在位802年―839年)。少年時代をカール大帝の宮廷ですごし,802年帰国して即位。マーシアを破り,ノーサンブリアに宗主権を認めさせ,829年七王国の分立を統一した。
→関連項目イギリス

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エグバート【Egbert】

775?‐839
イギリスの七王国時代のウェセックス王。Ecgberhtとも書く。在位802‐839年。ケントの副王エアルムンドの子。少年時代王位をめぐる内紛でフランクに亡命,カール大帝の保護をうけ成長した。802年帰国して即位,ブリトン人を討ってコーンウォール地方を征服,マーシアを破って服属させ,またノーサンブリアなど七王国に覇を制し,さらに侵入したバイキングを撃退するなど,イングランドの統一に道をひらいた。【青山 吉信

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

エグバート【Egbert】

775?~839) イングランド王(在位829~839)。西サクソンの王となり、分立する七王国を配下に収め、初めてイングランドを統一した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エグバート
えぐばーと

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のエグバートの言及

【イギリス】より

…この間異教徒であったアングロ・サクソン人はキリスト教に改宗し,それとともにラテン文化が流入,文字の使用,慣習法や伝承文学の成文化も始まった。 分立した七王国は,9世紀前半ウェセックス王エグバートにより一応統一されたが,このころから北欧を原住地とするバイキング(デーン人)の侵入が激しくなり,同世紀後半にはイングランドの北東部は彼らに占拠された。このときイングランド王となったアルフレッド大王は,軍制を改革して彼らを破り,それ以上の拡大を阻止して国土を守った。…

【七王国】より

…8世紀にはマーシアが強大となり,とくにその王オファ(在位757‐796)は他の諸国に宗主権をふるっただけでなく,ウェールズとの境界に〈オファの防塁〉と呼ばれる長大な土塁を築いてブリトン人を圧迫し,またフランクのカール大帝と対立するなど,大いに威を示した。 9世紀には,マーシアに圧せられていたウェセックスのエグバート王が勢力を増大,829年マーシアを破って七王国に覇をとなえるに至った。しかし8世紀末ごろから海上より略奪活動を開始したバイキング(デーン人)が,9世紀前半より本格的な侵入を開始した。…

※「エグバート」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エグバートの関連キーワードベーダ(歴史家、神学者)ヨーク(イギリス)カール[大帝]イギリス史デーン人

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android